ローンカード

お金を借りる際に、少しでも利息を抑えてお得に借り入れをしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

銀行カードローンなら、低金利で借りられるため利息を抑えられます

数ある銀行カードローンの中でも、最も利息を抑えて借り入れできるのは楽天銀行スーパーローンです。

初めて借りる人でも、最大14.5%というネット銀行ならではの金利で融資を受けられます。

専業主婦や他社借り入れがある人にも積極的に融資をおこなっており、審査に自信がない人にもぴったりです。

  • 最も低金利で借りられるのは銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローンは初回契約でも金利が14.5%
  • 金利18.0%と14.5%でお金を借りた場合は総返済額に2万円近く差が出る

低金利のカードローンで実際に借り入れした際の利息のシミュレーションもしていますので、参考にしてください。

最も低金利でお得に借り入れできるのは銀行カードローン!大手以外のほうが狙い目

銀行カードローン

数ある金融機関の中で最も低金利である銀行カードローンなら、利息を抑えてお得に借りられます。

銀行は顧客に対する社会的責任がある立場であり、金利を意図的に高くして利益を得る行為を自主規制しているからです。

特に大手以外の銀行カードローンは低金利なうえ審査基準も柔軟であることが多く、お得にお金を借りられます。

大手以外の主な銀行カードローンは、以下のとおりです。

  • ネット銀行
  • 地方銀行
  • JA(農協)
  • ろうきん(労働金庫)

大手以外のカードローンの中でも、最も低金利でお金を借りられるのはWeb上に支店を持つネット銀行カードローンです。

ネット銀行カードローンは店舗を建設したり多くの行員を雇ったりするコストを削減し、低金利という形で顧客に還元しているからです。

メガバンクなどの大手銀行カードローンは営業成績にシビアであり、高収入を得ている人や上場企業に勤務している人などといった優良顧客でなければ融資をおこないません。

一方でネット銀行カードローンは審査基準が柔軟であり、勤続年数が短い人や他社借り入れがある人に対して積極的に貸し付けをおこなっているため審査に自信がない人にもおすすめです。

ネット銀行カードローンは大手銀行と比べてまだ知名度が低く、新規顧客数を伸ばす活動のひとつとして前向きに融資をおこなっています。

ネット銀行を利用するメリットをまとめると、以下の3点が挙げられます。

  • 大手銀行や消費者金融と比べて低金利だから支払う利息が少ない
  • 新規顧客への融資に積極的で審査に通りやすい
  • 手続きがWeb完結するため窓口に行く必要がない

ネット銀行カードローンは低金利であることはもちろん、スマホやパソコンから申し込める使い勝手の良さを備えています。

利用者数の多い主要ネット銀行カードローン4社の特徴を、以下にまとめましたので参考にしてください。

金利 限度額 審査時間 融資までにかかる時間
楽天銀行スーパーローン 1.9〜14.5% 800万円 最短即日 最短翌日
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 1.59〜18.0% 1,000万円 最短即日 3日〜1週間
セブン銀行カードローン 15.0% 50万円 2〜3日 1週間〜10日
住信SBIネット銀行カードローン 8.99〜14.79% 300万円 最短即日 1週間〜2週間

比較してみると4社の中で最もお得なのは楽天銀行スーパーローンです。

管理人はこれまで10社以上のカードローンに申し込んだ経験がありますが、楽天銀行スーパーローンの金利はトップクラスに優れています。

Web申し込みに対応しており、仕事の休憩中にホームページから10分足らずでさっと申し込めたので大変便利でした。

加えて楽天銀行スーパーローンは最短60分で審査結果が通知され、最短翌日には融資が受けられるためすぐに借り入れしたい人にも向いています。

金利1.9〜14.5%で借りられる楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンなら、ネット銀行ならではの金利で融資を受けられます

そのため、少しでも利息を抑えてお得に借り入れしたい場合は楽天銀行スーパーローンがおすすめです。

他社のネット銀行よりも審査スピードが圧倒的に早いのも魅力のひとつであり、Webから申し込むと最短60分で結果が通知されます。

最短で翌日に融資が受けられ、すぐに現金が手元に欲しい人のニーズにも応えています。

利息を抑えてお得に借り入れしたいなら、審査の早い楽天銀行スーパーローンに申し込みましょう。

地方銀行は地域ごとに独自の金利を設定している

愛知銀行

都道府県ごとに運営している地方銀行は、独自の金利や審査基準を設定しています。

地方銀行は大手と比べて自由度が高く、銀行ごとのサービスを取り入れやすいからです。

大手顔負けの金利を設定しているケースもありますので、利息を抑えるには得策だといえます。

代表的な地方銀行カードローンの詳細は、以下のとおりです。

金利 対象地域 融資時間
横浜銀行カードローン 年1.5〜14.6% 神奈川、東京、群馬(前橋市、高崎市、桐生市) 最短翌日
静岡銀行カードローン「SELECA(セレカ)」 4.0〜14.5% 全国 2〜10日
ちばぎんカードローンクイックパワー〈アドバンス〉 1.7〜14.8% 千葉、東京、茨城、埼玉、神奈川 2日〜1週間
常陽銀行カードローンキャッシュピット 2.5〜14.8% 茨城、宮城、福島、栃木、千葉、埼玉、東京 2日〜2週間

いずれのカードローンも上限金利が15.0%以下であり、非常に低金利で借り入れできます。

特に静岡銀行カードローン「SELECA(セレカ)」横浜銀行カードローンは地方銀行の中でトップクラスの金利であり、無駄な利息を支払う必要がありません。

Webを使えば全国から申し込める静岡銀行カードローン「SELECA(セレカ)」

静岡銀行カードローン「SELECA(セレカ)」は、地方銀行でありながら全国から申し込みを受け付けています。

静岡銀行の口座を持っていなくても申し込みができ、他県に居住している人でもWeb完結で借り入れできる点が嬉しいポイントです。

ただしカードローンの申し込みと同時に口座開設をおこなう場合は、融資までに5日ほどかかりますので時間に余裕を持って申し込みましょう。

静岡銀行カードローン「SELECA(セレカ)」でお金を借りる方法についてさらに詳しく知りたい人は、以下の記事も合わせてご覧ください。

静岡銀行カードローンセレカで即日融資|申込み当日に融資が受けられる?

関東エリアに居住しているなら横浜銀行

横浜銀行カードローンは、神奈川県を始めとした関東地方に在住している人を貸付対象としています。

金利は年1.5〜14.6%に設定されており、対象エリアに居住もしくは勤務している人であれば誰でも申し込めます

口座が無い場合は来店かアプリで口座を開設する必要がありますが、、既に持っている場合はすぐに借り入れできます。

横浜銀行カードローンですぐに借り入れする方法を詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

横浜銀行カードローンで申込翌日に借りる方法|口座がなくても大丈夫?

JA(農協)のカードローンなら農家以外の人もお得に借りられる

全国のJA(農業協同組合)が展開しているカードローンは、各地域ごとに定められた10.0%前後の低金利で融資を受けられます。

例えばJA横浜のカードローンの金利は9.20%~11.60%であり、利息を抑えて借り入れできるのが魅力となっています。

農家でなければ利用できないイメージが強いJAですが、実際は出資金を支払えば一般の会社員も准組合員として借り入れ可能です。

JAは農業だけでなく地域全体の活性化を目的とした相互扶助組織であるため、農家以外の人も貸付対象としています。

加えてJAはカードローン以外にも様々なローンを展開しており、いずれも低金利で借り入れできます。

JAでお金を借りる方法について詳しく知りたい人は、以下の記事も参考にしてください。

JA(農協)でお金を借りるには?審査基準を満たして借り入れする方法を徹底解説

JA(農協)でお金を借りる方法を徹底解説!JAのローンの申し込み資格や審査基準を詳しく紹介しています。非営利団体であるJAならではの低金利や申し込みから融資までの流れについても詳しく記載していますので参考にしてください。

JAと同じように、ろうきんも地域ごとの低金利を設定しています。

労働金庫(ろうきん)は各地方ごとの低金利で借りられる

ろうきん

全国13地域で運営している労働金庫(ろうきん)のカードローンは、各地方ごとに金利が定められています。

ろうきんは労働者の生活を支援することを理念としており、営利を目的としていないため10.0%を切る金利を設定しています。

担当エリアに居住もしくは勤務している人なら誰でも申し込めますが、労働組合に所属している団体会員の場合は金利を優遇してもらえます。

例えば関東エリアで営業している中央ろうきんで適用される金利は、以下のとおりです。

団体会員 生協組合員 一般勤労者
金利 3.875〜7.075% 4.055〜7.255% 5.275〜8.475%

団体会員は3.875〜7.075%という超低金利となっており、利息を安く抑えられます。

ただし審査が厳格化されているため、融資を受けるハードルは高いといえます。

低金利なろうきんは利息による収益が少なく、確実に返済してもらえる人に貸し付けなければ経営が成り立たなくなってしまうからです。

そのため、収入が少ない人や他社借り入れがある人には不向きだといえます。

加えて審査には2週間以上かかり、現金が必要なタイミングに間に合わないという事態にもなりかねません。

どうしてもその日のうちに借りたい人は、即日融資に対応している消費者金融に申し込むのもひとつの手段です。

その日のうちに借りたいなら即日融資が受けられる大手消費者金融を利用する

ローンカードとパンフレット

その日のうちに借り入れしたい場合は、即日融資を受けられる大手消費者金融を利用しましょう。

融資までの時間は最短60分であり、申し込んだその日に現金が手に入ります。

大手消費者金融は30日間前後の無利息期間を設けているケースが多く、期間中は利息0円で借り入れできるという特徴があります。

そのため、1ヶ月以内の短期間で返済する計画を立てている人ならお得に借りられます。

無利息期間を導入している大手消費者金融の詳細は、以下のとおりです。

無利息期間 融資までの時間 金利
レイクALSA 最大180日間 最短60分 4.5〜18.0%
アイフル 最大30日間 最短60分 3.0〜18.0%
プロミス 最大30日間 最短60分 4.5〜17.8%
アコム 最大30日間 最短60分 3.0〜18.0%

    

特にレイクALSAは、どの消費者金融よりも無利息期間が長いのが特徴です。

借り入れ額が5万円以内であれば、初回契約時に最大180日間利息が0円になります。

5万円以上の金額を借りる際もWeb申し込みをすれば最大60日間も無利息になるため、余裕をもって返済できます。

借り入れを急いでいる場合は、無利息サービスのある大手消費者金融でお得に借り入れしましょう。

レイクALSAを含めたカードローンの無利息期間についてさらに詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

無利息期間のあるカードローンを徹底比較|利息なしで借りるための選び方

無利息サービスを展開しているカードローンを徹底解説!最大180日間無利息で借りられる消費者金融や何度でも利息0円でキャッシングできるカードローンを紹介しています。無利息期間を比較した結果も記載していますので参考にしてください。

低金利のカードローンは最低金利ではなく上限金利で比較しよう

電卓と小銭

低金利のカードローンを複数見つけてどこに申し込むべきか迷ったら、上限金利で比較しましょう。

なぜなら、利用実績のない初回契約時は上限金利が適用されるからです。

カードローンは無担保で融資を受けられるという特徴があり、銀行側からすると貸し倒れのリスクが高い商品といえます。

初回契約では貸し倒れを防ぐために限度額が少額に設定されることが多く、それに合わせて金利も高く設定されます。

とはいえ上限金利は利息制限法で以下のように定められており、際限なく上がることはありませんので安心してください。

元本10万円未満 ・・・・20%
元本10万円以上100万円未満 ・・・・18%
元本100万円以上 ・・・・15%

例えば上限金利が18.0%の商品であっても、限度額が100万円に設定された場合は15.0%以下の金利が適用されます。

しかし初回契約時に100万円以上の限度額が設定されることはレアケースであるため、上限金利の低いカードローンを利用したほうがお得に借り入れできます。

主要カードローンの上限金利を一覧にした比較表は、以下のとおりです。

金利 上限金利
楽天銀行スーパーローン 1.9〜14.5% 14.5%
横浜銀行カードローン 年1.5〜14.6% 年14.6%
じぶん銀行カードローン 2.1〜17.4% 17.4%
オリックス銀行カードローン 1.7〜17.8% 17.8%
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 1.59〜18.0% 18.0%
アコム 3.0〜18.0% 18.0%
SMBCモビット 3.0〜18.0% 18.0%

                       
比較してみると、カードローンの中で最も利息が抑えられるのは楽天銀行スーパーローンだということがわかります。

他社より0.1%でも低い金利のカードローンを選ぶと、返済総額が減ってお得に借り入れできます。

とはいえ、実際どれくらい返済額が変わるのかが気になる人もいますよね。

金利によってどのくらい返済額が変わるのかシミュレーションをおこなっていきますので、参考にしてください。

金利で返済総額はどれくらい変わる?実際にシミュレーションしてみた

5万円
 
金利が下がると返済総額はどの程度変わるのか、実際にシミュレーションしてみました。
 
カードローンの利息の計算方法は、以下のとおりです。

借り入れ額×金利÷365日×借り入れ日数=利息額

例えば10万円を半年で完済した場合の貸付金利ごとの利息額は、以下のような金額になります。

金利 計算式 利息合計
18.0% 10万円×0.18÷365日×180日 8,876円
14.5% 10万円×0.145÷365日×180日 7,150円
9.6% 10万円×0.096÷365日×180日 4,734円

つまり金利が低くなれば、借り入れ期間が同じでも総返済額は少なくなるということです。

同じ期間に返済するなら、支払う金額が少なくなるほうが嬉しいですよね。

以下では、30万円を借りた場合の返済額をシミュレーションして比較しました。

借り入れ金額が30万円の場合の返済額をシミュレーション

30万円を金利18.0%と14.5%で借り入れした場合の、それぞれのシミュレーション結果は以下のとおりです。

金利 利息総額 毎月返済額 返済総額
18.0% 90,456円 10,846円 390,456円
14.5% 71,736円 10,326円 371,736円
差額 18,720円 520円 18,720円

比較してみると14.5%で借り入れしたほうが毎月の返済額は520円少なくなり、返済総額は18,720円と2万円近く差が出ることがわかります。

シミュレーションの結果、金利が下がると返済額に大きく差が出ることが明らかになりました。

そのため新規借り入れする際は、少しでも金利の低いカードローンを選ぶことが重要です。

他社借り入れがあって支払いに追われている人も、低金利のカードローンを使って借り換えると返済額が減らせます。

低金利のカードローンは借り換えにもぴったり

三菱UFJ銀行

現在よりも低金利のカードローンに借り換えれば、返済の負担が軽くなります

カードローンの借り換えとは現在利用している会社よりも金利が低く設定されている会社からお金を借りて、借金の返済に充てることです。

借り換え先のカードローンが現在よりも低金利である場合は、利息が抑えられるため返済総額を減らせます。

ただし借り換え目的での利用を認めていないカードローンは多く、融資に難色を示されるケースもあります。

返済を楽にしたい場合は、借り換え目的での利用を認めているカードローンに申し込むと融資後のトラブルを未然に回避できます。

借り換え目的の利用を認めているカードローンを選べばトラブル防止になる

複数の借り入れをまとめたい場合は、借り換え目的の利用を認めているカードローンに申し込みましょう

借り換え目的での利用を認めていないカードローンの場合は、強制解約などのトラブルになってしまう可能性があるからです。

例えば楽天銀行スーパーローンは、公式ホームページで借り換えを推奨しています。

「金利をもう少し何とかしたい」、「毎月の返済が大変だ」、「借入元本をもう少し減らしたい」、「複数の借入先があるので、うっかり返済忘れをなくしたい」等のご要望がおありなら、この機会にご利用中のカードローンを楽天銀行で見直してみてはいかがでしょうか。

楽天銀行を利用すれば、借り換え目的で利用したことによってトラブルが起こる心配はありません。

他社借り入れが多く悩んでいる人は、借り換え目的での利用を認めている楽天銀行スーパーローンで毎月の負担を軽減しましょう。

低金利な銀行カードローンは最短翌日に借り入れできる

カレンダー

低金利な銀行カードローンを利用すれば、最短翌日に借り入れできます。

審査結果は即日で回答してもらえるケースもありますので、借り入れを急いでいる人にもぴったりです。

ただしどの銀行カードローンでも融資が早いわけではありませんので、注意してください。

最短翌日の融資が受けられるのは、ネット銀行カードローンです。

無店舗型のネット銀行カードローンは店舗での接客サービスがない代わりに審査の効率化に取り組み、短時間で結果がわかるように配慮しています。

一方で店舗型の銀行カードローンは融資までに1〜2週間ほどかかってしまうため、急ぐ人には向きません。

店舗型のカードローンを申し込む際は、既に口座を持っている銀行を利用すると審査時間が短縮できます。

既に口座を持っている銀行なら審査時間が短縮される

通帳

既に口座を持っている銀行であれば、迅速に借り入れできます。

口座開設の手間が省けることにより、審査時間が短縮されるからです。

口座を持っていない銀行に申し込むと、審査が早いネット銀行カードローンでも1〜2週間ほど時間がかかってしまうため注意してください。

例えばセブン銀行カードローンは、口座開設に2週間ほど必要だと公式ホームページに記載されています。

口座開設には、2週間程度かかる場合がございますので、余裕を持ってお申込みください。

銀行で特定の取引をおこなっていればカードローン審査がスムーズに進みやすくなり、早く借り入れできます。

カードローンの審査に有利になる銀行取引は、以下のとおりです。

  • 公共料金の引き落としをおこなっている
  • 住宅ローンを契約している
  • 年金の振込先として指定している

とはいえお金が手に入るのは最短翌日となりますので、どうしても今日中に借りたい人は即日融資に対応している消費者金融に申し込むのも選択肢のひとつです。

今日中に借り入れする方法に関しては、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

今日中に借りたい時におすすめのカードローン|本日中に審査の成功率を上げるコツ

今日中にお金を借りたい人向けのカードローンを徹底解説!即日融資に対応しているカードローンなら、どうしても5万円必要ですぐに借りたいという悩みもすっきり解決できます。審査の成功率を上げるコツも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

利息を抑えてお得に借りたい人はネット銀行のカードローンを利用しよう

楽天銀行スーパーローン

利息を抑えてお得に借り入れしたい人は、低金利で融資を受けられるネット銀行のカードローンがおすすめです。

ネット銀行のカードローンは店舗を構えたり従業員を雇うコストを抑え、低金利として顧客に還元しています。

特に楽天銀行スーパーローンは、1.9〜14.5%というネット銀行ならではの金利で融資を受けられます

振り込みキャッシングにも対応しており、最短翌日にお金が手に入るため急いでいる人にもぴったりです。

楽天銀行スーパーローンはこんな人におすすめ
  • 無駄に支払う利息を抑えたい
  • 平日働いていて銀行の窓口に行く時間が取れない
  • 申し込みを誰にも見られたくない
  • 審査に通過できるか心配